FC2ブログ
blog top

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもの「なぜ?」にどう答える?! - 2011.06.27 Mon


5151747282_b9fd09f467_t.jpg


こどもの頭には不思議がいっぱい。
だから、大人に「これはどうして?」「あれは何?」とたくさん質問してきます。


私も甥っ子や姪っ子に質問の嵐をなげられ、
どう答えたらいいのだろうと悩みました。

昨日も、姪から質問がきました。

姪:「これな~に?」
私:「ほくろだよ」
姪:「ほくろってな~に?」
私:「・・・」


ほくろをなんと説明すればいいのか、悩みました。

私:「ほくろはほくろ。」


こんな会話をしていると、もっと答え方があったのではと反省。。。


そんなとき、見つけた作家の神津カンナさんの興味深い文章。

『教えなければ、考える』と題された、
カンナさんが母親から受けられた教育について書かれたものに、
わたしは大変勉強になりました。


-----------------------------------------------------------

・・・・子どもに質問はつきものである。
目にするもの、不思議に感じるもの、すべて、質問に変えて母親に尋ねる。

「これなーに?」
「どうしてそうなの?」

子どもは質問を連発する。
もちろん幼いころのわたしもれいがいではなかった。
わりに言葉が早かったわたしは、ずいぶんとあれこれ質問をしては、
おとなを困らせていたようである。

たいていのおとなは、そんなわたしの質問に、丁寧に答えてくれた。
わかりやすく、細かく、おもしろく、おとなは苦心して、解答をひねり出し、わたしに教えてくれる。

けれども、母だけは別であった。

たとえば母に「これな~に?」と電話帳を指さして尋ねたとする。

普通ならば「これはね、電話帳と言ってね・・・・」と、何かしらの答えをくれるのがおとなである。
けれども母は決してそんなふうには説明してくれないのだ。


まず驚いたような顔をして、

「あら!ほんとだ。不思議なものねぇ。何かしら・・・」と大きな声を上げ、

そして次に必ず言うのだ。

「カンナ、これ、なんだろう?」



わたしが質問したのである。
答えるのは、本来ならば母の役目なのだ。
それなのに母は、答えを教えようともせずにわたしに同じ質問を投げ返すのである。
何を質問しても、たいがいはこんな調子だった。


だから次第にわたしは、自分で質問し、自分で考え、自分で想像して、自分で答える・・・・
という子どもになっていった。

母は後になってから、そのことについてこう説明してくれた。

「ある時にね、物干しにぶら下がっていた洗濯ものから、しずくが垂れていたの。
カンナはそれをみて“あれはな~に?”と聞いてきたんだけど、わたしはわざと答えなかったのね。
そしたらあなたはどうしたと思う?

“あれは泣いているのかな。でもきれいになって気持ち良くなったのに泣くのはおかしいよね。
あ、でもうれしくても涙がでることがあるか・・・・”

なんて、ひとりごとを言いはじめるじゃないの。

その時にね、ああ、子どもっていうのは教えるばかりが教育じゃないんだ。
教えずに自分で考えさせるのも大切なんだって、つくづく感じたのよ



-----------------------------------------------------------


真正面から質問に答えるときも必要かもしれないけれど、
自分で考える癖をつけさせるためにも、このような切り返しがあるのも
いいのだなと気付きました。


子どもの成長のために、

大人は“ 心の余裕 ”と“ 子どもへの思いやり ”が大切ですね。





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kbc3.blog69.fc2.com/tb.php/33-643c99e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

わらべうたベビーマッサージ教室 6月・7月度  «  | BLOG TOP |  » ベビマ教室 : 3回クラスの理由

メルマガ☆キャンペーン

メルマガを登録された方に、クラス体験料を無料券をプレゼントしています!この機会にご登録してください☆

親子ヨガクラス 

1〜3才の親子向けのヨガクラスです。子どもがヨガを用いて遊ぶ・学ことを目的に構成されたクラスです☆

最新のクラスはこちらから images1.jpg
■親子ヨガクラス 
9月20日(金)
9月27日(金)
11:00~11:45

ズンバクラス 子連れOK

アメリカで話題のラテン系音楽に合わせて踊りまくる最強のダイエットエクササイズ!1時間で最大1,000キロカロリー消費。誰でも簡単にできます!

最新のクラスはこちらから Zumba20photo.jpg
■ズンバクラス 
8月21日(水)
8月28日(水)
9月18日(水)
9月25日(水)
10:00〜10:45

英語クラス

0~1歳、2~3歳のクラスがあります。親子で一緒に参加できます☆

最新のクラスはこちらから IMG_1625_convert_20121214150155.jpg
■親子英語クラス
【0〜1歳】 
8月23日(金)
8月30日(金)
9月6日(金)
9月13日(金)
9月20日(金)
10:00〜10:50
【2〜3歳】 
8月21日(水)
8月28日(水)
9月4日(水)
9月11日(水)
9月18日(水)
11:00〜11:50

ベビーマッサージクラス

わらべうたベビーマッサージクラスの最新日程です!

最新のクラスはこちらから warabeuta-bebima-01 2
■新丸子クラス 
5/10(金)
5/24(金)
5/31(金)

カテゴリ

絆バースカフェとは (3)
ベビーマッサージクラス (18)
親子ヨガ (1)
骨盤体操クラス (20)
ズンバクラス (9)
親子英語クラス (8)
ランチ会 (5)
ネイルサロン (8)
ネイルデザイン KEIKO (1)
ネイルデザイン KAKO (0)
お知らせ (7)
スタッフ (2)
代表はどんな人? (1)
しあわせなお産を語る会 (3)
布なぷきんをつくる会 (1)
出産メンタルトレーニングクラス (2)
ERINAの育児日記 (20)
妊娠・出産のお話 (1)
育児コラム (3)
おすすめの本(育児) (2)
おすすめの本(出産) (0)
絆について (1)
あの話題の炭酸ミスト (1)
子連れのおすすめお店@新丸子 (1)
未分類 (7)
新しいクラス (1)

プロフィール

代表:水川

Author:代表:水川
1児男の子のママ。
妊娠・出産・子育てサポーター。
わらべうたベビーマッサージ講師。
抱っこ法中級ホルダー。
深層心理セラピスト。


2010年、愛知県岡崎市にある吉村医院にて、自然分娩にて長男を出産。

結婚を機に新丸子に来たので、友だちがいなくて、育児で家に引きこもり状態。苦しくて、主人にぶつける自分が嫌で、何か私の特技を活かして、活動してみようと2012年2月に絆バースカフェを立ちあげる。

社会貢献することで、子育てや家事にも張り合いができ、大変ながら楽しい日々(^ー^)

ママ友が正社員ではなくて、違う働き方をしたいけど、ないから仕方なく、仕事復帰をする話を聞いて、私のように子どもを連れて、特技を活かして働けるサポートを思い立つ!

現在、親子英語クラスの先生はこの一環!
その他にも順次サポートを行います(^ー^)

また、中原区のママたちは実家が遠い人が多くて、一人で子育ては本当に大変。

昔は、地域の女性が助け合ってサポートして子育てをしていた。その話を知り、現代版、女性のコミュニティを作りたいと思っている。

子育てが楽しくなるように、
みんなで社会で子育てしよう!

ママも子どももみんな
ハッピーを応援します!


布おむつ、おむつなし育児を
実践中。

日本人に産まれてきたことを喜べるように、この世の中はステキな所と思えるように、
ママはがんばります☆

ありのままの君が好き!

絆バースカフェの公式HP

最新記事

マッサージオイルの販売

ベビーマッサージに最適なオーガニックホホバオイルを格安にて販売しています。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。